>

衝突する事故を防ごう

この記事をシェアする

自動でブレーキを踏む

壁や前の車に衝突しそうになったら、自動でブレーキを踏むサポートシステムがオススメ。
自分がブレーキを踏むタイミングが遅れても、ぶつかる心配はありません。
また、そもそも前の車との車間距離を十分に取っていれば、例え前の車が急ブレーキをかけてもぶつかることはないでしょう。
事故に合わないためにも運転する時は車間距離を意識してください。
一定の車間距離を維持できるように、前の車に近づきすぎると警告音を出してくれるサポートシステムもあります。
警告音が鳴ったら車間距離が近いと思い、少し離れましょう。
そのように合図を出してくれる車も運転しやすく、安全性を高められるので人気があります。
運転が苦手な人は遠慮せず、サポートシステムを頼りましょう。

予算が少ない人は中古にする

できるだけ、豊富なサポートシステムが搭載されている車が良いと考える人は少なからずいます。
しかし新車は高く、なかなか手が出しづらいもの。
サポートシステムがあるのは、新車だけではありません。
中古車にも搭載されていることも多いので、諦めないで探しましょう。
中古車なら新車よりも安く、予算が少ない人でも購入できます。
さっそく中古車を扱うお店を巡ったり、インターネットで調べましょう。
ただ走行距離が長い車や、事故歴がある車は避けることをオススメします。
そのような車は見た目に問題がなくても、内部に異変が起こっており、購入してからすぐ壊れるかもしれません。
長く安全に運転できないことも考えられるので、細かくチェックしましょう。


トップへ